圧倒的な高速・高精度計測の時代へ
ドローンレーザー計測 Air Ray X

※画像クリックでpdfファイルが開きます。

AirRayX_page01

AirRayX_page02

今までにない、3次元計測をものにする

高低差のある複雑な地形や樹木伐採前などは、写真測量では精度の高い測量データを得ることが難しく、課題となっていました。

ドローンレーザー計測ではレーザーが樹木の隙間を通り地表面まで到達するため、伐採・除根前に地山を計測することが可能です。

測量した結果は点群データで出力されることから高低差が取れ、複雑な地形でも精度の高いデータが得られます。

ドローンレーザー計測で期待される用途

  • 災害対応
  • 急傾斜地、落石調査
  • 砂防、河川調査
  • 森林計測
  • 遺跡等の精密測量

サンプルデータ

RIEGL社ウェブサイトにて、サンプルデータを御覧いただけます。下記リンクをクリックすると、外部サイトが開きます。

http://data.riegl.international/riegl-pointclouds-samples-in-potree.html

機材詳細

機体

名称 : Air Ray X(自社制作)

  • 機体重量 / 23kg
  • サイズ / 1,400mm×1,400mm
  • 飛行時間 / 約10分 (12,500mAhバッテリー×4本 搭載時)
  • 駆動方式 / 電動モーター

搭載レーザー計測機器

RIEGL社製 VUX-1

  • アイセーフクラス / レーザークラス1
  • 最短距離 / 3m
  • 精度・確度 / 10mm・5mm
  • 有効測定レート / 毎秒500,000点
  • 視野角(FOV) / 330°
  • 最大作動飛行高度 / 350m(AGL)